みいはあ族報

みいはあ族にミーハーな情報をお届け

    カテゴリ: 政治・政治家

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/私、ただのミーハー

    18日放送のTBS系「中居正広のキンスマスペシャル」(金曜・後7時56分)に民進党の蓮舫代表(48)が出演。
    生まれ育った東京・目黒区の豪邸をテレビで初披露し、19歳の双子の翠蘭さん、琳くんもVTRで登場した。

    n










    オードリー・ヘプバーンとみそラーメン好きの翠蘭さんは現在ニュージーランドの高校に通っており、日本の大学を受験するために帰国中。
    交際中の恋人がいるという。

    「彼と歩いていたら後ろから聞き慣れた声がして、紹介することになってしまった」

    と話すと、蓮舫代表は「振り返ったら蓮舫」と不敵な笑みを浮かべた。

    琳くんも
    「親バカですごい数のLINEがくる。なかなか返さないと淡々と怒られる。
    ネット上に悪口はいっぱいあるけど、そんなこと気にしなくていいよと言っています」

    と息子としての思いやりを見せていた。

    高校時代から双子が産みたかったという蓮舫代表は、

    「だって1回で終わるでしょう」

    と無駄を嫌うクールな母親を貫いていた。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161118-OHT1T50230.html 
    【【民進党】蓮舫代表 超イケメン息子からエール「ネット上の悪口なんて気にしなくていいよ」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/私、ただのミーハー

    次期米大統領に就任するドナルド・トランプ氏(70)の長女で、大統領選でも父を支えたイヴァンカ・トランプさん(35)が15日、娘のアラベラ・ローズちゃん(5つ)が世界的ムーブメントを巻き起こしているピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」を歌う動画をインスタグラムに投稿した。

    ベッドの上でパジャマ姿のアラベラ・ローズちゃんは、ノリノリで「アイハバペーン」と熱唱。
    投稿には「先に謝っておきますが、1日中頭にこびりつきますよ」とのメッセージが添えられている。

    9



    これに対し、ピコ太郎はツイッターで「OMG!! Too pretty! Thank you very much!」と反応。

    続けて「トランプさんの…娘さん?!え?お孫さん??え?ええ??えええぴぴぴぴ!!???」とつぶやいた。

    フォロワーから本物だと教えられると、「本物おおおおお?!ぐぴぴぴぴ!?!!」
    「あわあわ…あわあわあわ ぴぴぴぴ」と仰天したようにツイートした。

    イヴァンカさんはファッションモデルと同時に、父・トランプ氏の会社の役員も務める実業家。
    大統領選ではトランプ氏のイメージアップに尽力し、当選に貢献した。

    スポーツ報知 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000020-sph-ent

    動画
    ivankatrump Apologies in advance?this may be stuck in your head all day. #PineapplePen 
    http://scontent.cdninstagram.com/t50.2886-16/15106186_173676839763195_5429786359562764288_n.mp4 【【これはかわいすぎる】トランプの孫娘(超絶美少女)がピコ太郎のPPAPを熱唱ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/私、ただのミーハー

    11日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で鳥越俊太郎氏が、ドナルド・トランプ氏との会談を予定している安倍晋三首相を痛烈に批判した。

    番組では「今夜は寝れ9!!」のコーナーで「安倍首相 トランプ氏と直接会談へ」と題し、産経ニュースの記事を取り上げた。
    記事では、日本の外務省が関わることなく、トップダウンで安倍首相とトランプ氏の会談予定が決まったと伝えている。

    このニュースに、コメンテーターの鳥越氏は「おかしいですよ!」「だって、(日本が)植民地じゃないですか」「まだ大統領にもなってない、決まって10日くらいしか経ってないのに、(安倍首相が)駆けつけて会うっていうのは、植民地の代表が『よく当選されましたね!』って行くようなもんじゃないですか」と、安倍首相を厳しく批判した。

    さらに鳥越氏は「(大統領就任となる)来年1月まで待てばいいじゃないですか!大統領になってからやれば良いのに…」と不満を募らせた。

    また、鳥越氏は今回の大統領選を日本政府は、ヒラリー・クリントン氏が勝利すると思っていたとして「ところが、ひっくり返っちゃったから。何が出てくるかわからないから『とりあえず、ちょっと会ってこよう』って行くわけですよ。もう、慌ててるよね」と、その対応ぶりを指摘した。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12272641/

    no title

    【【これはひどい】鳥越俊太郎、トランプ氏との会談を予定している安倍晋三首相を痛烈に批判ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    昔は「浪速のエリカ様」と持ち上げられていたが、今や「永田町のお騒がせ女」である。
    上西小百合代議士(33)のことだが、彼女がまたやってくれた。
    今度は、元秘書2人を窃盗で訴えたのである。一体、どんなトラブルがあったのか。

     ***

    「元公設秘書計2名が、共謀の上で什器(じゅうき)等を盗み出した件について、本日窃盗罪で被害届を提出した」

    上西事務所が、こんな内容のFAXをマスコミ各社に送ったのは10月14日。

    訴えられたのは、元政策秘書の山本秀一氏と、同じく元政策秘書の平木雅巳氏である。
    トラブルの背景には、こんな事情がある。

    上西議員の「国会ズル休み事件」が発覚したのは2015年4月。
    山本氏は体調不良で休んだと嘘をつき続ける彼女に嫌気がさし、同年6月に事務所を退職した。

    その後任が平木氏である。山本氏によれば、

    「上西は“山本が週刊誌や他のメディアにズル休み事件のデマを流した”と言い続けていました。
    このまま放置すれば、私の評判も悪くなる一方です。そこで先月、彼女を名誉毀損で大阪地検に告訴しました」

    告訴された上西議員は、10月11日に釈明の会見を行った。
    そして、この席で秘書に事務所の電子レンジや書類などを盗まれたと語っていたのである。
    つまり、窃盗の被害届提出は名誉毀損で訴えられたことへの意趣返しなのだ。
    話を昨年10月上旬に戻して、平木氏が語る。

    「上西がテレビ番組でクイズに答えることになった。番組から事前に問題が渡されたが、内容は『特別国会とは何か』とか、中学生レベルの問題でした。
    解答を用意するよう求められていた私は根拠条文を、メールで彼女に送りました。
    ところが、『30秒以内で答えられる答えを用意して!』と激怒。
    呆れた私は、山本さんに『ここまで無知とは思わなかった』と思わず愚痴った。
    その会話を偶然、傍(かたわら)にいた週刊誌の記者に聞かれてしまったのです」

    その一件で週刊誌にネタを流していると疑われた平木氏は、10月末、突然、解雇を宣告されたという。

    「11月6日までに事務所を出ることになり、荷物をまとめました。
    その際、自分で切り抜いた新聞のスクラップファイルや文房具等を持ち出した。
    上西は新聞も取っていなかった。ですから、私は自分で購読していた新聞を自宅から持ってきて読んでいたのです。
    また、事務所では文房具はおろか、コピー機の紙代すら支給されず、秘書の自腹でした」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00514014-shincho-ent
    デイリー新潮

    no title

    【【浪速のエリカ】上西小百合、元秘書2人を窃盗で訴える 本人たちが語る“泥仕合”ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/私、ただのミーハー

    国籍問題に関する蓮舫氏の説明は、日を追うごとに消極的になっている。
    27日の記者会見では、7日に日本国籍の選択を宣言したと説明しながら、13日の会見で明らかにしなかった理由を問われ「聞かれた通りに答えただけだ。(国籍法)14条2の前段の部分で届け出をしていると(説明した)」とだけ説明した。

    En












    日本と米国の「二重国籍」問題を指摘された自民党の小野田紀美参院議員は、昨年10月に日本国籍の選択宣言をした証拠として、戸籍謄本を写した写真を公開した。
    写真には、小野田氏のプライバシーに関わる部分を塗りつぶしているが、選択宣言の時期は明確に分かる。
    蓮舫氏はプライバシーに配慮し、こうした手段も取れるはずだ。

    「今回、いろんな意味で学習している。間違ったことは間違ったし、それに対して真(しん)摯(し)に説明していく」

    蓮舫氏は今月24日に放送された橋下徹前大阪市長のテレビ朝日系番組でこう強調した。
    だが27日の記者会見の受け答えを見る限り、自らの言葉に責任を持つ姿勢はみじんも感じられない。

    蓮舫さん、本当にこのまま首相を目指すのですか。


    http://news.livedoor.com/article/detail/12217108/  【【これはひどい】蓮舫次期首相、まだ”ウソ”ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ