みいはあ族報

みいはあ族にミーハーな情報をお届け

    カテゴリ: 政治・政治家

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    民進党の「次の内閣」メンバーは次の通り。(敬称略、参は参院)

    【次の内閣】

    首相 蓮舫

    -view












    ▽副総理 細野豪志、江田憲司▽官房長官 大串博志▽財務・金融 大塚耕平(参)

    ▽総務・地域主権改革・地方再生 奥野総一郎▽法務・特定秘密 有田芳生(参)

    ▽外務 藤田幸久(参)▽文部科学・スポーツ・文化芸術・伝統芸能・2020年東京五輪・パラリンピック 平野博文

    ▽厚生労働・年金改革・少子化対策 足立信也(参)▽経済産業 田嶋要▽農林水産 村岡敏英

    ▽国土交通・沖縄北方 黒岩宇洋▽環境・原発事故収束と再発防止 田島一成

    ▽防衛・集団的自衛権関連法制 青柳陽一郎▽復興 金子恵美▽国家公安・拉致問題・防災 松原仁

    ▽新しい公共・NPO・消費者と食品安全・男女共同参画・社会的包摂・子ども・子どもの貧困 相原久美子(参)

    ▽国家基本戦略・経済再生・公務員制度改革 神山洋介▽科学技術・IT・宇宙・海洋・中小企業 北神圭朗

    ▽行政刷新・行政改革 今井雅人▽官房副長官 階猛、藤末健三(参)

    http://www.sankei.com/politics/news/160926/plt1609260029-n1.html
    【【閲覧注意】民主党が次の内閣を発表w 総理大臣:蓮舫 副総理:モナ夫 法務大臣:有田芳生 以下凄いメンバーってよwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    女優の真矢ミキが26日、TBS系「白熱ライブ ビビット」で、小池百合子都知事と会談した民進党の蓮舫代表について「怖かった」「舌の根も乾かぬうちに…」などと本音をもらした。

    番組では、23日に行われた小池都知事と蓮舫代表の会談について特集。
    蓮舫代表側からの申し入れで実現したと言われるが、2カ月前の都知事選では、民進党は鳥越俊太郎氏を推しており、蓮舫代表は小池知事を痛烈に批判していたばかりだった。

    08-f4
















    小池知事も蓮舫代表も同じテレビキャスター出身という共通点はあるものの、党も違えば、国会議員時代の小池知事は衆議院、蓮舫代表は参議院という違いもあり、2人に接点はあまりあるとは言えなかった。

    それでも今回実現した会談での蓮舫代表の満面の笑顔に、一連のVTRを見終わった真矢は、国分太一からコメントを求められ「怖かった…」と本音をもらした。

    そして「女性ですから確実に応援したいですよ」と前置きしたが、「なんとかにできますかっ!っていう(都知事選の応援演説をする)、あの蓮舫さんを見ているので、舌の根も乾かぬうちに、2カ月って人を変えるんだなと」と、都知事選では舌鋒鋭く小池知事を猛批判していた蓮舫代表の変わり身の早さに皮肉を込めた辛口コメントを発した。

    「企業、社会にもこういう人がいます。でも友達はできません」とピシャリ。
    だが「でも、いいんです。これは政治ですから」と、2人が置かれた政治家という立場には理解を見せていた。

    デイリースポーツ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000036-dal-ent
    【【女の戦い】真矢ミキ、蓮舫に皮肉「舌の根も乾かぬうちに…」ってよwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    上西小百合議員 橋下徹氏への批判を続けるのはなぜなのか「周囲には『橋下氏にハメられた』とこぼしている」と関係者が明かしている。 
    「上西さんの前で橋下徹の『は』の字でも出そうものなら、せきを切ったかのように悪口が出てきますよ(笑い)」と明かすのはテレビ関係者だ。

    39825










    かつては同じ旧維新の党で大阪都構想実現に向けて手を取り合っていた2人。
    絶縁のきっかけは昨春に起こった上西氏の国会欠席騒動だった。

    上西氏が国会をズル休みして秘書の家城大心氏と温泉旅行に出掛けていたと、在阪テレビ局と一部週刊誌が報じたことで大炎上。
    家城氏の“オラオラぶり”も相まって、事態は収拾がつかなくなった。
    そこに登場したのが、党の最高顧問だった橋下氏。
    昨年4月、自ら釈明会見を仕切り、上西氏と家城氏に騒動について謝罪させ、上西氏に議員辞職を迫った。

    だが、上西氏はこれを拒否。
    結果、翌日には除名処分となり「エモーショナルな処分」と表現して以来“橋下批判”を強めている。

    政界を引退した橋下氏の影響力が強く残る現日本維新の会が「1日1法案出す」とアピールしていることには「維新が勉強会と称して有馬温泉でドンチャン騒ぎやったときに、橋下さんが『どうせ法案なんか通らないんだから宣伝のためにどんどん出せばいいんですよ』って言い出したんでビックリした」と暴露。
    続けて「出せばいいってもんじゃない。アホとか馬鹿ではなく、橋下さんはもはや無能」とブッタ斬った。

    今月21日にも「私が初当選した直後、橋下さんは『国会議員は盆踊りなんかに行っちゃいけない!』とか言ってた。
    でも、半年くらいしてある議員に自分が盆踊りに連れて行かれたら、ちやほやされたみたいで、急に『皆さんも盆踊りに行ってどんどん地元の意見を聞いて下さい!』に変わった。
    馬鹿っぽくて笑えた」と皮肉った。

    周囲には『何も悪いことはしてない。あの人(橋下氏)にハメられた』とこぼしている」と明かす。
    上西氏の主張によると、国会をズル休みして秘書と温泉旅行に出掛けた事実はないのに、橋下氏はじっくり話も聞かずに記者会見を急いだという

    http://news.livedoor.com/article/detail/12053063/
    【【国会議員】上西小百合「私は悪くない、橋下徹にハメられた!私はハメられた」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ