みいはあ族報

みいはあ族にミーハーな情報をお届け

    タグ:とんねるず

    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑い界に一時代を築いた、とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)が、いよいよラストエンディングを迎えようとしている。

    t


    最盛期は芸能人長者番付の常連で常にレギュラー番組10本以上を抱え、キー局プロデューサーらが企画書を手に行列を作っていたのも今は昔。
    振り返ればレギュラー番組は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の1本のみ。
    ところが、この最後の砦も秋の改編で消滅してしまうという。

    「10月から内村光良と出川哲朗の2人をメーンMCにした新バラエティー番組『マブダチ』がスタートするんです。
    スタッフが総取っ替えになり、とんねるずの関係者は一掃されます。
    最近、この噂を聞きつけた石橋本人が、局プロデューサーにクレームを付けて大ゲンカになったそうだが、もうこの流れは止められない」(テレビ関係者)

    視聴率低迷で、何度も打ち切り説がメディアで報じられる中、不死鳥のごとく放送され続けてきた『とんねるずのみなさんのおかげでした』。
    急転直下の打ち切り説に、関係者は困惑するばかりだが、その一番の原因は、後ろ盾を失ったこと。
    フジ・メディア・ホールディングスはグループトップの日枝久会長とフジテレビの亀山千広社長がともに退任する人事を発表したのだ。
    「亀山社長の後任に宮内正喜BSフジ社長が就任する。
    これまで何があろうと、とんねるずの2人は日枝&亀山のツートップを通して番組を継続させてきたんです。
    でも、この蜜月関係も退任によって終わりを迎える。
    次の宮内氏は日枝氏の息の掛かった人間だが、とにかく数字にうるさい。
    内々に超赤字番組の一掃を宣言したんです」(制作関係者)

    '97年6月から始まった同番組は、約20年の間にン億円の累積赤字があると噂されているのだ。
    「1本の制作費は視聴率低迷とは反比例して派手になり、以前は3000万円以内だったのが、最近は4000万円超えも珍しくない。
    しかも、この金額のうち、出演料や企画料でとんねるずが1500万円~を持って行くんです。大ナタが振るわれることは120%間違いないんですよ」(制作会社幹部)

    この内部情報に大慌てなのが、とんねるずが所属する芸能プロダクションの社長を兼務する石橋だ。
    さっそく、宮内氏と接触を図ろうとしたらしいが、「まったく取り合ってくれないそうです。最近、妻で女優の鈴木保奈美を必死になって各局に売り込んでいる。
    おそらく、番組がいつ打ち切りになってもいいように保険をかけているんでしょう」(芸能事情通)

    ギャラを下げれば、まだ延命の可能性もあったと言われる、とんねるず。
    この危機をどう乗り越える!?

     週刊実話  
    http://npn.co.jp/sp/article/detail/53608594/

    【【フジテレビ】赤字番組一掃でとんねるずのレギュラーが消滅ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    5月10日にフジテレビ・日枝久会長(79)の退任が報じられ、業界中から注目が集まっているが、テレビ局関係者の間では「日枝久会長退任の余波を最も受けるのは、とんねるずだろう」とささやかれている。

    「近年のフジは視聴率低迷が取り沙汰されるも、一向に改善の兆しが見られなかったことから、日枝会長は亀山千広社長(60)とともに責任を取る形で退任を決めたと見られています」(スポーツ紙記者)

    退任といっても、日枝会長は今後は取締役相談役に就任予定で、一部では“院政”は継続するなどと伝えられている、やはり会長職より“影響力”が弱くなると見方が圧倒的だ。

    「場合によっては、日枝会長がこれまで懇意にしてきたとんねるずの番組もいよいよお役御免となる可能性があります」(前同)

    日枝会長は、とんねるずが1980年代に一大ブームとなっていた頃に編成局長を務めており、とんねるずの活躍によって出世した恩義を今でも持っている。
    そのため彼らと親交深く、プライベートでも一緒にゴルフに行くなど可愛がっているという。

    t

    ■とんねるずに局内で陰口「日枝会長案件は聖域」

    そんなテレビ局幹部とタレントという関係を越えた絆を持つ、日枝会長ととんねるず・石橋。
    2人の公私をはみ出した癒着ぶりはつとに有名で局内でも「とんねるず案件は聖域」(制作会社スタッフ)といわれるほど”タブー”な扱いだった。

    「現在も続く『とんねるずのみなさんのおかげでした』も、もともとは石橋貴明(55)が日枝会長に持ちかけて始まった。
    しかし、同番組もここ数年は視聴率6%前後がザラで、番組改編の時期のたびに打ち切りがささやかれてきた。
    現場やそれに近い関係者達も同番組を『切りたい』という意見が多かったものの、いかんせん日枝案件だったために誰も口出しできず、ダラダラ継続せざるを得なかった」(前出・記者)

    そんな日枝会長が退くとなれば、低視聴率でもとんねるずの番組を続ける理由はなくなる。

    「フジはこれまで、看板長寿番組だった『笑っていいとも!』や『ごきげんよう』の終了に踏み切るなどしてきた中で、明らかにお荷物番組となっていた『とんねるずのみなさんのおかげでした』にはノータッチだった。

    局内では番宣で使いやすいなど好意的な意見もあったが、4月27日放送回では、元SMAPの木村拓哉(44)が同番組の名物コーナー『新・食わず嫌い王決定戦』に出演したものの、
    平均視聴率が6.8%に終わったことで情勢が一変。
    日枝会長の後ろ盾もなくなることで、とんねるずがフジテレビから姿を消す日はそう遠くないでしょう」(前出・記者)

    体制一新で再建に向かうフジテレビ。
    幹部人事によって、番組編成面にも大きなメスが入れられようとしている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1309367/
    デイリーニュースオンライン

    【【ついに終了】とんねるずがフジから消える? 日枝会長退任とキムタク出演の決定打ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの木村拓哉(44)が「新・食わず嫌い王決定戦」に出場した27日放送のフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜・後9時)の平均視聴率が6・8%だったことが28日分かった。
    前回の5・1%から1・7ポイントのアップとなった。

    k

    木村は名物コーナーで映画「無限の住人」(29日公開)で共演の女優・杉咲花(19)と対戦。
    木村が勝利し、ガッツポーズする様子などが放送された(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000104-sph-ent

    【【元SMAP】キムタクが食わず嫌い挑戦のみなさんのおかげ視聴率ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    16日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、とんねるず・木梨憲武の無茶振りに、スタッフが呆れ果ててぼやく場面があった。

    k

    番組では「木梨憲武の日本一の旅 第2弾」と題し、木梨が東京・浅草で出会った一般人カップルを誘い、日本一のラーメンを食べに行く旅に出かけた。

    当初、日本一のラーメン消費量を誇るという山形県のラーメン店に向かう予定だった。
    ところが木梨は、カップルを連れて東京観光をはじめてしまう。
    収録がしばらく進んだところで、見かねたスタッフが「観光になっちゃってるから」「ノリさん、そろそろラーメン行きましょう」と声をかける。

    すると木梨は「ラーメンのくだりとラーメンの撮れ高なんだけど…」「マッコイ行ってきて!」と、山形県出身のディレクター・マッコイ斉藤氏に、本来の企画を丸投げしたのだ。

    マッコイ氏が「俺イヤだよ!俺イヤだよ!」と全力で拒否をするも、木梨はマッコイ氏を叩き「お前の故郷だろ!」「故郷でナンバーワンのラーメンを食べて食レポして」「マッコイと(カメラマンの)秋山と行って!」と無茶振りを続けた。

    全文は下記引用元よりご覧ください
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12808792/

    【【放送事故】木梨憲武がロケを丸投げ スタッフは呆れ果て「頭おかしい」ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ業界の視聴率低迷が叫ばれて久しいが、中でも苦戦を強いられているのがフジテレビ。
    それに伴い、お笑いコンビ・とんねるずの処遇にも危険信号が灯り始める可能性があるという。

    t

    1982年-1993年までの12年間、ゴールデンタイム(19-22時)、プライムタイム(19時ー23時)、全日(6時ー24時)の視聴率ですべて1位を獲得し、三冠王に輝いたフジテレビ(在京民放5局の中)。
    また、2004年から2010年まで、7年連続で年間視聴率の三冠も獲得。
    しかし、2010年代に入ると、フジテレビの視聴率は右肩下がりとなり、他局に惨敗。
    特に日本テレビには大きく差を付けられている。

    かつてフジテレビが王者に君臨していた頃は、「とんねるずのみなさんのおかげです」「ねるとん紅鯨団」「笑っていいとも!」「ダウンタウンのごっつええ感じ」、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」といったバラエティ番組が高視聴率を獲得し、フジテレビの最盛期を創り上げた。

    とんねるずとフジテレビの関係は深く、とんねるずはこれまで同局で「オールナイトフジ」「夕やけにゃんにゃん」「ねるとん紅鯨団」「とんねるずのみなさんのおかげです」「とんねるずのハンマープライス」などの冠番組を持っていた。

    「とんねるずはテレビタレントの代表格で、その中でもフジテレビがスターに育て上げた芸能人でもあるが、最近では全体的にフジの視聴率が下がっている事により、とんねるずのレギュラー番組の視聴率も低迷している。
    特に若いディレクターやADの中には、とんねるずの存在に疑問を持つ者もいるようで、彼らがプロデューサーになる頃には、もう不要になっているかもしれませんね」(テレビ関係者)

    現在放送されている「とんねるずのみなさんのおかげでした」の平均視聴率は、5%‐9%の間を推移。
    厳しい現状もあり「打ち切り説」も囁かれている。

    「フジの低迷が加速すれば、とんねるずの処遇の話も浮上する。危険信号が灯りそうです」(前出)

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170306-99800852-naigai

    【【ついに】フジテレビ低迷加速でとんねるずに危険信号ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ