みいはあ族報

みいはあ族にミーハーな情報をお届け

    タグ:前田敦子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【【どこ?】前田敦子さんの最新画像をご覧ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    札幌を舞台にした映画「探偵はBARにいる3」が、この冬公開される。
    大泉洋と松田龍平の相性悪そうでいて息は合っている凸凹コンビも4年ぶりに復活、撮影も無事終了のはずだった。
    だが、北川景子(30)と前田敦子(25)の“冷戦は打ち上げにいた”のである。

    m
     
    3月30日、東京では日中18度にまで気温が上がった。
    夜は多少冷え込んだが、これまでの北海道ロケとは比べものにならない。
    なにせ「探偵はBARにいる」は、“俺”大泉洋がひどい目に遭うシーンが名物でもあるからだ。

    2011年の第1弾では拉致され雪原に埋められた。
    13年の第2弾では札幌の大倉山ジャンプ競技場のジャンプ台に吊された。
    今回、“俺”はといえばススキノのアクションは無論、故郷・江別、石狩と回り、真冬の小樽港で……。

    そんな過酷なロケも3月25日にクランクアップ。
    日を改めたこの日、暖かい東京・恵比寿にあるパーティ会場を借り切って開かれた打ち上げだったのだ。
    でも“俺”の“子猫ちゃん”であるはずの、景子ちゃんとあっちゃんはただただ不機嫌で──。

    参加したスタッフは言う。

    「劇中の北川はモデル事務所のオーナーで闇社会とも渡り合うという役どころでしたから、2月1日の製作発表会見から黒のワンピースで、この日の黒のドレスもごく自然でした。
    これに被っちゃったのが、前田なんです。
    最後の最後に前田がわざと被せてきたんじゃないか、なんて囁かれましたよ。
    女性ってこういうのにムッとするでしょ。
    互いに目も合わせようとせず、一切口も利きませんでしたよ」

    たわいのない話のようだが、これがロケ中からというのは穏やかでない。

    ■キャリアなら同格?!

    「製作発表に出たのは主演の大泉さんと、松田さん、そしてヒロインの北川さんの3人でした。
    当然、前田は脇役と分かるわけですが、そこから気に入らない。
    加えて前田は北川に仕える役でしたからね。
    ロケ中にマネージャーを叱責していたなんて報道もありましたけどね。
    格上に対して格下から挨拶に行くのが、業界の常識ですが、それもしなかったという。
    となれば北川も口を利きません」(関係者)

    年齢もキャリアも北川の方が格上のはずだが、民放局員が解説する。

    「それが違うんです。元AKB48エースというプライド。
    そして映画キャリアは自分とほとんど変わらないから北川とは同格、という意識が前田にあるんです。
    確かにサブカル系の映画には多く出演してますが」

    現場の評価はといえば、

    「2人とも女優だから扱い難いところはある。
    でも北川は曲がりなりにも明治大学卒業で記憶力はいいし、知識、教養もある。
    意見を言うのも筋が通っています。
    対してAKB卒業の前田は、台詞覚えも悪いし、“不細工”とかネットで書かれるのを気にしてメイクも2~3時間掛かる。
    現場で言うのは“なんでこんなコトしなきゃいけないの”といったワガママ。
    オーラも北川に軍配が上がります」(同)

    いくら何でもあんまりだ。
    そんな前田を擁護するのは映画評論家の北川れい子氏。

    「確かに美人じゃないけど、色々な監督に使われて汚れ役にも挑戦しています。
    映画『もらとりあむタマ子』(13年)では引き籠もりで、朝から晩まで食べてる役に、可能性を感じました。
    とても20代とは思えないおばさん顔をすることもあるし、演技派として化けるかも」

    化ける気ある?

    デイリー新潮
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13071866/

    【【不仲?】北川景子と前田敦子に冷戦勃発ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京が56年ぶりの五輪を迎える2020年、政治や経済、国際関係はどう変化しているのか。
    スポーツや芸能、メディアや医療の世界には果たしてどんな新潮流が――。
    各界の慧眼が見抜いた衝撃の「近未来予想図」。

    3年後、日本を代表する女優として世界に羽ばたく女優は誰かーー。
    気悦の映画監督・松江哲明氏が挙げたのは、今まさに注目を集め始めた若手女優3名だった。


    何もしないことが出来る役者ー前田敦子

    一緒に仕事をしたことはないが、作品のすべてを鑑賞し、追いかけているのが前田敦子だ。
    正直、AKB48の頃よりも映画に出るようになってからが凄い。

    映画『苦役列車』の80年代そのものを体現していたヒロインも素晴らしかったが、なんといっても映画『もらとりあむタマ子』の存在感が最高だった。
    大学を卒業して実家に戻った中途半端な女子をただ、食っちゃ寝しながら演じる。
    ただぼーっとしてるだけなのに、可笑しくて仕方ないという前田敦子にしか演じられないヒロインだった。
    そんな彼女を見て、演技をしていないと言う観客もいるだろう。
    だが、そこがいい。

    演技ではなく作品の世界の中で生きる、それが出来る役者はそういない。
    『苦役列車』『タマ子』の山下敦弘監督は彼女をただ立たせるだけでユーモアを醸し出していたが、『Seventh Code』の黒沢清監督はアクションにも挑戦させていた。
    ウラジオストクを舞台にした先が読めない展開と後半のドンデン返しは、前田敦子だからこそ成立したのだろう。
    何もしないことが出来る役者は、そこにいるだけでサスペンスになる。

    僕は黒沢清監督のかつてのヒロイン、洞口依子のことを思い出さずにいられなかった。
    だからこそ彼女に喜怒哀楽が必要とされるような分かりやすい芝居をさせる演出家を見ると「もったいない」と思ってしまう。

    今の日本映画はそんな企画ばかりなのが残念だが、AKB48のセンターにいた経験値を持つ彼女が、何色にも染まらない魅力を持っているというギャップが面白いのだ。

    前田敦子は4年後もつかみどころのないままスクリーンの中に存在し続けるだろう。
    昭和の女優のように一切のプライベートを隠して生きることは不可能な現代だが、私生活がニュースになろうとも世間は彼女を消費できないだろう。
    それも現代の女優の条件だと思うのだ。

    (全文)
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170508-00002323-bunshun-ent&p=1
     
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【これは女優】脱アイドル・前田敦子が世界へ羽ばたく時「何もしないことが出来る役者ー前田敦子」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アイドルグループ「AKB48」の最年長メンバーで、2005年にAKB48の初期メンバーとして加入以来何度も「神7」入りを果たすなど、10年以上に渡ってグループを牽引してきた“こじはる”こと小嶋陽菜(28)。
    昨年のAKB48選抜総選挙で卒業を発表し、2月22日には国立代々木競技場第一体育館で卒業コンサート「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」を開催しており、4月19日の自身29歳となる誕生日にグループから卒業する。

    小嶋は、卒業後について「のんびりしたい」と充電を示唆しているが、「自分の時間ができると思っているので、柔術を習ってみたい。
    ダンスをしなくなるので、何か始めたいなと思って…」と今後について話し、「素敵な出会いがあれば、いつでも恋愛はしてみたいです」とコメントしている。

    2006年のグループ結成以来、11年間の歴史の中でAKB48を卒業・辞退・解雇・移籍になったメンバーは総勢200人以上にのぼる。
    AKB在籍時には中心メンバーとして活躍したメンバーの中には、ソロ活動が順調なメンバーもいれば、メディアから全く姿を消したメンバーもおり、卒業後の活躍に大きく明暗が分かれている。

    7

    2014年6月に卒業した大島優子(28)は、卒業後からドラマや映画に主演したり、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』に出演したりと破格の扱いを受けていたが、いずれも評判は芳しくなかった。
    しかし、最近になって演技力がさらに成長していると評価を上げており、ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)では、ストーリーにはなくてはならない役柄を演じている。
    現場では「ポイントを掴むのが上手い」と評判も良く、「最初、大島優子だと気づかなかったくらい役にハマってる」「地味さがエロい」などと視聴者からの絶賛の声も集まっている。

    AKB48時代は大島優子のライバルで、2012年8月に卒業した前田敦子(25)も当初は映画やドラマで「正統派ヒロイン」に起用されがちで個性が活かせなかったが、主演映画『もらとりあむタマ子』でグータラな干物女をリアルに演じたことで評価が一変。
    染谷将太と初共演を果たした『さよなら歌舞伎町』も大ヒットして評価されている。
    女優としての活動は安定してきた前田だが、これまで尾上松也、山本裕典、佐藤健などとの熱愛が噂され、1月にもロックバンド・RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎との交際が報じられるなど恋愛体質の面が仕事に支障をきたすのではないか、と心配する声もあがっている。

    AbemaTIMES 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00010004-abema-ent  【【あの人は今】小嶋陽菜卒業で振り返る元AKBの明と暗 篠田麻里子、高橋みなみ、板野友美らは今ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の前田敦子が21日、自身のInstagramを更新。
    胸元がセクシーなドレス姿を公開し、反響を集めている。

    前田は、胸元を大胆に開けた黒のレースドレスに身を包んだ写真を披露。
    美しいデコルテがあらわになっており、上目遣いで大人の表情を見せている。

    Twitterでは香港を訪れていることを報告しており、「HK」とコメントを添えていることから香港で撮影した写真のようだ。

    「どんどん大人っぽくなる」「美しい」ファン絶賛

    色気溢れる1枚に、ファンからは「あっちゃんがどんどん大人っぽくなってる!」「可愛いあっちゃんも色っぽいあっちゃんも好き」「すっごく美しいです!!」「色気がすごい」「綺麗~香港はお仕事かな?楽しみ」といった声が寄せられている。

    http://mdpr.jp/news/detail/1672643

    胸元がセクシーなドレス姿を公開した前田敦子
    no title

    『11th Asian Film Awards』in HK  前田敦子
    no title

    no title

    no title

    no title


    元AKB48 前田敦子
    no title

    no title

    【【検証画像】元AKB・前田敦子、胸元大胆SEXYドレス姿ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ