みいはあ族報

みいはあ族にミーハーな情報をお届け

    タグ:文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    職業“ヌードモデル”の兎丸愛美「裸ってとても心地良い」

    職業“ヌードモデル”の兎丸愛美さん
    no title


    プロのモデルが脱いだという話はよく聞くが、兎丸(うさまる)さんの場合、最初に世間に公開した写真が裸だった。

    「19歳の頃、死にたいと思っていたんです。
    家庭科の先生になるつもりで大学に通っていたんですが、姉が先に教師になって、追い越せないな、って。
    私は6人きょうだいの末っ子で、上と比べて何をやっても中の上。
    全然自信が持てなかったんです。
    それで遺書のつもりで、ネットで出会った人に裸の写真を撮って貰った。
    その時、裸ってとても心地良いなと思ったんです」

    その写真をネットで公開すると、思わぬ反響があった。

    「それをきっかけに、『ヌードモデル』宣言をしました。
    そういう括りの職業って、それまでなかったから(笑)」

    21歳の時に、カメラマン・塩原洋氏に写真を撮らせて欲しいと頼まれ、3年かけて撮り溜めた写真が、写真集『きっとぜんぶ大丈夫になる』(玄光社、発売中)になった。

    「今年4月に写真展を開いたんですが、若い女性がたくさん来場してくれてすごく共感してくれた。
    こんなにだめだった自分が、人にいろんな感情を引き起こせることがとても嬉しかったです。
    私にとって、裸は単に服を着ていないということではない。
    喜怒哀楽、全て醜い部分も含めて裸でありたいと思っています」

    「週刊文春」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170610-00002835-bunshun-ent

    Twitter
    https://twitter.com/n0ranek0__?lang=ja

    【【検証画像】ヌードモデル・兎丸愛美「何をやっても中の上…自信が持てず…遺書のつもりで裸を撮って貰った」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ゴリラやライオンなどを素手で倒す“妄想ネタ”でブレイクした、自称“百獣の王”のタレント武井壮(43)が、交際相手の女性から訴えられていたことが週刊文春の取材で分かった。

    武井は2004年にオリンピック出場歴がある女性アスリートと結婚するも、一年あまりで離婚。
    その後、武井のファンだった田中瞳さん(仮名)と07年ごろから交際していた。

    田中さんの知人が語る。

    「武井は瞳さんや知人とTという会社を設立したそうです。
    武井が代表で、瞳さんは77万7777円を出資して役員になった。
    武井の旅行代、服飾代、ラブホテル代等も瞳さんが払い、彼に貢いだ金額は300万円にものぼると聞きました。
    ところが武井が浮気していたことを彼女が知り、訴訟沙汰にまで発展したのです」

    2011年に起こされた裁判では、武井の130万円におよぶ借金問題を中心に争われ、武井がトータル42万円を月5000円ずつ分割で田中さんに支払うことで和解している。

    武井本人に話を聞いた。

    t

    ──田中瞳さんとトラブルになった原因は浮気?

    「そうですね、お恥ずかしながら。レースクィーンのかたとですね」

    ――浮気性な部分がある?

    「どうでしょうか。結構、すぐ好きになるかもしれないですね。底は浅いけど。
    『百獣の王』と言ってるくらいですから獣です。肉食ですからお察し頂いて」

    ――瞳さんに300万円貢がせた?

    「瞳さんが支払いをしてくれることが多くて、そこに甘えていたのは確かです」

    ──130万円の借金については?

    「瞳さんに『事業資金を会社の口座に移す』と言われ印鑑を預けた。
    そうしたら210万円を下ろされて、急に『浮気しているわね。慰謝料としてもらいます』と言われた。
    彼女の出資した約80万と慰謝料130万で210万円。
    後日、『会社の金だから本当に困る、130万円だけ返して欲しい』と話をしたら、返してきて、『借用書を書け』と言われた」

    こうした借金問題に加え、訴状に書かれている「DV疑惑」などについて、4月26日(水曜日)発売の週刊文春が詳しく報じる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00002281-bunshun-ent

    【【これは意外】武井壮が女性と訴訟トラブルってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大手レコード会社「ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)」の取締役、村松俊亮氏(53)が、アイドルグループ「乃木坂46」を今年2月に卒業したばかりの人気メンバー・橋本奈々未(24)と、卒業後も密会を繰り返していたことが「週刊文春」の取材でわかった。
    村松氏が橋本を送り、橋本の自宅マンションの建物内に入る姿も複数回確認している。

    乃木坂46はSMEグループのレーベルからCDをリリースしている。
    メンバー全員が事務所「乃木坂46合同会社」に所属。
    この会社は、村松氏が今年3月まで社長を務めた「ソニー・ミュージックレーベルズ」とAKBグループを運営するAKSの関連会社「ノース・リバー」の2社によって構成されている。
    村松氏は合同会社の初代代表であり、昨年末までその職責にあった。

    「週刊文春」記者は村松氏を直撃した。

    ――引退した橋本さんになぜ会っている?

    「本人がその(芸能界引退の)あとに、希望で芸能関係の裏方の仕事をする予定だと」

    ――私物化との指摘もある。

    「まったくありません」

    2人はどんな関係なのか。
    詳しくは4月26日(水)発売の「週刊文春」5月4・11日GW特大号で報じる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00002282-bunshun-ent
    no title

    【【これは怪しい】元・乃木坂46 橋本奈々未を“私物化”するレコード会社取締役ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    エイベックス・グループ・ホールディングス(AGHD)の関連会社「エイベックス通信放送」の執行役員B氏(50代)が、20代のグラビアアイドルA子さんに対し、強姦未遂事件を起こしていたことが、「週刊文春」の取材により判明した。

    v

    事件が起きたのは2015年10月中旬、場所は長野県の別荘地・軽井沢にある「松龍荘(しょうりゅうそう)」。
    AGHDの松浦勝人社長(52)と千葉龍平元副社長(53)が共同で約7年前に建設した大豪邸だ。
    千葉氏は昨年6月までエイベックス通信放送の代表を務めており、B氏は千葉氏の部下だった。

    長野県警は被害届を受理。
    捜査に乗り出したが、昨年2月中旬、A子さんとB氏の間で示談が成立。
    示談金は約3千万円だったという。
    B氏は昨年3月に執行役員を辞任。
    千葉氏も昨年6月にAGHDの副社長を退任し、米国で新たに設立された子会社の取締役に収まっている。

    「週刊文春」がAGHDに事実確認を求めたところ、広報担当は〈示談が成立したことは承知しております〉と回答。
    事件と千葉氏の辞任の因果関係については、〈被害女性の件とは直接の関係はありません〉と否定した。

    事件の詳細は、4月20日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00002193-bunshun-soci

    【【闇深】エイベックス関連会社執行役員がグラドル強姦未遂で高額示談ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHK女子アナが映画監督と“花見W不倫”

    NHKの看板番組「サンデースポーツ」の元キャスター與芝(よしば)由三栄アナ(42)に“W不倫”疑惑が浮上した。
    ミス慶應だった與芝アナは98年にNHKに入局し、“ポスト有働由美子”として将来を嘱望されていた。
    お相手は映画「東京タワー」(05年公開)などを手がけている映画監督の源孝志氏(55)だ。

    y

    2人を知るNHK関係者が明かす。

    「彼らが出会ったのは、2014年11月に放送されたNHKのドキュメンタリー番組『世界で一番美しい瞬間(とき)』です。
    この番組は源さんが演出者、與芝さんが現地レポーターでした。
    2人は、やがて“深い関係”になっていくのです。
    最近は、NHKや制作会社のスタッフとの会食にも2人揃って参加することもあるし、いわば公認の仲なのです」

    4月3日の昼下がり、2人は東大駒場キャンパスで花見を楽しんだ後、お互いの腰に手を回しながら、源氏の仕事部屋へと消えて行った。
    再び、與芝アナが姿を見せたのは1時間半後のことだった。

    前日にも、2人は蕎麦屋デートの後、仕事部屋で密会していた。

    「2人とも既婚者です。バツイチの與芝さんはスポーツマネージメント会社の経営者と再婚し、09年に長女、12年に双子の女の子を産んでいます。
    一方の源さんにも幼い女のお子さんがいます」(同前)

    NHK、源氏の所属事務所に取材を申し込んだが、回答は得られなかった。

    「週刊文春」4月13日発売号では、花見での仲睦まじい2ショットや、2人への直撃取材を含め、詳報している。

    http://bunshun.jp/articles/-/2103

    【【女子穴】NHK女子アナが映画監督と“花見W不倫” ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ