みいはあ族報

みいはあ族にミーハーな情報をお届け

    タグ:終了

    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑い界に一時代を築いた、とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)が、いよいよラストエンディングを迎えようとしている。

    t


    最盛期は芸能人長者番付の常連で常にレギュラー番組10本以上を抱え、キー局プロデューサーらが企画書を手に行列を作っていたのも今は昔。
    振り返ればレギュラー番組は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の1本のみ。
    ところが、この最後の砦も秋の改編で消滅してしまうという。

    「10月から内村光良と出川哲朗の2人をメーンMCにした新バラエティー番組『マブダチ』がスタートするんです。
    スタッフが総取っ替えになり、とんねるずの関係者は一掃されます。
    最近、この噂を聞きつけた石橋本人が、局プロデューサーにクレームを付けて大ゲンカになったそうだが、もうこの流れは止められない」(テレビ関係者)

    視聴率低迷で、何度も打ち切り説がメディアで報じられる中、不死鳥のごとく放送され続けてきた『とんねるずのみなさんのおかげでした』。
    急転直下の打ち切り説に、関係者は困惑するばかりだが、その一番の原因は、後ろ盾を失ったこと。
    フジ・メディア・ホールディングスはグループトップの日枝久会長とフジテレビの亀山千広社長がともに退任する人事を発表したのだ。
    「亀山社長の後任に宮内正喜BSフジ社長が就任する。
    これまで何があろうと、とんねるずの2人は日枝&亀山のツートップを通して番組を継続させてきたんです。
    でも、この蜜月関係も退任によって終わりを迎える。
    次の宮内氏は日枝氏の息の掛かった人間だが、とにかく数字にうるさい。
    内々に超赤字番組の一掃を宣言したんです」(制作関係者)

    '97年6月から始まった同番組は、約20年の間にン億円の累積赤字があると噂されているのだ。
    「1本の制作費は視聴率低迷とは反比例して派手になり、以前は3000万円以内だったのが、最近は4000万円超えも珍しくない。
    しかも、この金額のうち、出演料や企画料でとんねるずが1500万円~を持って行くんです。大ナタが振るわれることは120%間違いないんですよ」(制作会社幹部)

    この内部情報に大慌てなのが、とんねるずが所属する芸能プロダクションの社長を兼務する石橋だ。
    さっそく、宮内氏と接触を図ろうとしたらしいが、「まったく取り合ってくれないそうです。最近、妻で女優の鈴木保奈美を必死になって各局に売り込んでいる。
    おそらく、番組がいつ打ち切りになってもいいように保険をかけているんでしょう」(芸能事情通)

    ギャラを下げれば、まだ延命の可能性もあったと言われる、とんねるず。
    この危機をどう乗り越える!?

     週刊実話  
    http://npn.co.jp/sp/article/detail/53608594/

    【【フジテレビ】赤字番組一掃でとんねるずのレギュラーが消滅ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    5月10日にフジテレビ・日枝久会長(79)の退任が報じられ、業界中から注目が集まっているが、テレビ局関係者の間では「日枝久会長退任の余波を最も受けるのは、とんねるずだろう」とささやかれている。

    「近年のフジは視聴率低迷が取り沙汰されるも、一向に改善の兆しが見られなかったことから、日枝会長は亀山千広社長(60)とともに責任を取る形で退任を決めたと見られています」(スポーツ紙記者)

    退任といっても、日枝会長は今後は取締役相談役に就任予定で、一部では“院政”は継続するなどと伝えられている、やはり会長職より“影響力”が弱くなると見方が圧倒的だ。

    「場合によっては、日枝会長がこれまで懇意にしてきたとんねるずの番組もいよいよお役御免となる可能性があります」(前同)

    日枝会長は、とんねるずが1980年代に一大ブームとなっていた頃に編成局長を務めており、とんねるずの活躍によって出世した恩義を今でも持っている。
    そのため彼らと親交深く、プライベートでも一緒にゴルフに行くなど可愛がっているという。

    t

    ■とんねるずに局内で陰口「日枝会長案件は聖域」

    そんなテレビ局幹部とタレントという関係を越えた絆を持つ、日枝会長ととんねるず・石橋。
    2人の公私をはみ出した癒着ぶりはつとに有名で局内でも「とんねるず案件は聖域」(制作会社スタッフ)といわれるほど”タブー”な扱いだった。

    「現在も続く『とんねるずのみなさんのおかげでした』も、もともとは石橋貴明(55)が日枝会長に持ちかけて始まった。
    しかし、同番組もここ数年は視聴率6%前後がザラで、番組改編の時期のたびに打ち切りがささやかれてきた。
    現場やそれに近い関係者達も同番組を『切りたい』という意見が多かったものの、いかんせん日枝案件だったために誰も口出しできず、ダラダラ継続せざるを得なかった」(前出・記者)

    そんな日枝会長が退くとなれば、低視聴率でもとんねるずの番組を続ける理由はなくなる。

    「フジはこれまで、看板長寿番組だった『笑っていいとも!』や『ごきげんよう』の終了に踏み切るなどしてきた中で、明らかにお荷物番組となっていた『とんねるずのみなさんのおかげでした』にはノータッチだった。

    局内では番宣で使いやすいなど好意的な意見もあったが、4月27日放送回では、元SMAPの木村拓哉(44)が同番組の名物コーナー『新・食わず嫌い王決定戦』に出演したものの、
    平均視聴率が6.8%に終わったことで情勢が一変。
    日枝会長の後ろ盾もなくなることで、とんねるずがフジテレビから姿を消す日はそう遠くないでしょう」(前出・記者)

    体制一新で再建に向かうフジテレビ。
    幹部人事によって、番組編成面にも大きなメスが入れられようとしている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1309367/
    デイリーニュースオンライン

    【【ついに終了】とんねるずがフジから消える? 日枝会長退任とキムタク出演の決定打ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日・青山愛アナ(28)が、29日放送の同局系「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜・後11時15分)最終回のエンディングで号泣した。

    2011年にスタートした番組も、この日で最終回。
    6年間で23万8037件の怒りメールが届き、1208件を番組で取り上げたと青山アナが紹介すると、有吉弘行(42)は「始めた当初より、世間が怒っている」と変化を口にした。
    マツコ・デラックス(44)も「もう怒れない。千代の富士のように“体力の限界”みたいに“イライラの限界”」と話せば、有吉は「怒っている人を見ると恥ずかしい」と同調した。

    番組は、マツコが幹事長、有吉が政調会長としてトークを展開。
    毒舌発言が目立った庶務役の青山アナは「取り繕って好かれようとするよりも、自分らしくいて嫌われてみようと思えるような番組でした」とあいさつすすと、有吉が「潔い嫌われっぷりで…」と評価した。

    マツコが青山アナに「私は、こういうこと言いたくないけれど、あなた好きでしたよ」と言うと、青山アナは感極まって涙。
    「光栄でした。泣いてないです」と言いながらもあふれ出る涙をぬぐった。

    m

    感動のエンディングとも思われたが、有吉が「そんなにやってねえのに。俺らより短いのに」と突っ込み。
    実際、番組当初は、総裁秘書として夏目三久(32)が出演。
    交代として青山アナが加入したのが、16年4月からだった。
    1年足らずの出演での号泣に、有吉は「怒りもないけど、悲しみもないよ」とさめたコメントでエンディングとなった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12866541/
    スポーツ報知
    【【女子穴】テレ朝・青山愛アナが号泣…「怒り新党」最終回で涙腺崩壊させたマツコの一言ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/ななしさん

    今から6年前に放送が始まり、人気を博した深夜番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)が終了し、4月からリニューアルされた新番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』がスタートする。

    『怒り新党』は初代アシスタントが夏目三久アナ(フリー)で、2代目は青山愛(めぐみ)アナが務めた。

    「夏目アナにとって『怒り新党』は、まさに救世主的な番組だったはず。
    2011年1月末で日本テレビを退社してフリーに転身したのですが、当時は仕事をホサれていた状態。
    業界関係者の間では『夏目は終わった』という声も聞かれたほど。

    けど、そこから彼女は奮起し、トップレベルの人気を獲得するまでになった。
    マツコさんと有吉さんに出会っていなければ、今の彼女はなかったでしょうね」(芸能リポーター)

    一方、青山アナもこの番組を担当したことで新境地を切り開くことができた。

    m

    「新人時代から『報道ステーション』を担当していたので知名度は高かったのですが、アナウンサーにとって自由度の低い番組。
    彼女のキャラクターはまったくといっていいほど伝わっていなかった。

    ところが『怒り新党』では、MCのふたりから強烈なツッコミが入る。
    彼女が外国人男性好きだなんて、あの番組に出ていなければ絶対に公にはならなかったでしょう」(テレビ朝日関係者)

    後番組では久保田直子アナがアシスタントに起用されることが決まっている。
    遅咲きだが、また新たなスターアナが誕生するかもしれない。

    http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/26/82210/

    【【女子穴】『マツコ&有吉の怒り新党』が終了、救われたふたりの女子アナってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/私、ただのミーハー

    ◆SMAP、最後の歌収録 中居正広は嗚咽を漏らした

    2016年12月1日の午後、SMAPのメンバーを乗せた車が次々とフジテレビ・湾岸スタジオに到着した。
    車を降りたメンバーは慣れた様子で1人ずつ個室の楽屋に入っていく。

    放送期間20年9か月、放送回数920回。
    『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録は週2回、この数年は決まってこのお台場のスタジオで行われてきた。

    入り口から最も奥の控え室が中居正広(44才)。
    その手前に木村拓哉(44才)、稲垣吾郎(42才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(39才)の個室が続く。
    その日は珍しく、中居がスタッフのために手配したケータリングがスタジオ脇に用意されていた。

    まず収録されたのは、12月5日放送分のライブコーナーで、ゲストは久保田利伸(54才)だった。
    久保田は木村が大ブレークしたドラマ『ロングバケーション』(1996年)の主題歌を歌っていた縁もあり、スマスマへの登場は最多の8回目。

    「木村さんが久保田さんに笑顔で話しかけるなど、普段と変わらず、撮影は進んでいきました」(番組関係者)

    ゲストライブが終わると、メンバーは楽屋に戻り、再び衣装を着替える。
    準備が進むと、しだいに緊迫感がスタジオを包み始めた。

    この日以降、歌の収録の予定はない。
    つまり、次に収録するのが、5人で歌う最後の曲なのだ。
    5人がセットに立つ。
    数十人のスタッフが固唾をのんで見守るなか、流れ始めたイントロは、『世界に一つだけの花』だった。

    no title













    「20年続いた番組のファイナルである12月26日放送に向けて収録しておきたいと、番組スタッフ側からメンバーに提案したところ、それはメンバーの気持ちも同じでした。
    “これまで支えてくれたファンたちへ最後にやっぱり届けたい曲、それならば歌う曲はこれしか考えられない”と5人の気持ちが一致したんです」(前出・番組関係者)

    SMAPの代表曲であることはいうまでもないが、解散発表以降、ファンが購買運動を起こし、シングルの累計売り上げ295万枚を超え、300万枚に迫っている。
    ファンのために歌いたい――そんな思いが彼らを動かした

    「歌唱前は落ち着いているように見えました。
    曲中も感情を高ぶらせることなく、それでもいつものように思いを込めて、しっとりと歌い上げていました。
    逆にそれを見つめていたスタッフの中には“これが最後かもしれない”と涙を流す人もいました」(番組スタッフ)

    スタジオの外のモニター前にも関係者たちが集まって、“ラスト・ソング”が流れると静まりかえったという。

    空気が一変したのは、『世界に一つだけの花』の最後の音が消えたときだった。
    カメラが止まり、“オッケーです”という声が飛んだ瞬間、中居が帽子で顔を押さえるようにして、後ろを向いたのだ。
    肩を震わせ、嗚咽を漏らす。

    感情のほとばしりは他のメンバーも同じだった。
    木村も顔を伏せたまま、動かない。
    その間、約30秒──。
    前出・番組関係者は、中居が『スマスマ』で涙を見せたのは今回が3回目だと言う。

    「最初は森且行が卒業した1996年5月の放送で『ベストフレンド』を歌ったとき。
    2度目は2013年4月にメンバー5人で初めての旅行をした際、カラオケで『ベストフレンド』を歌いながら号泣しました。
    “SMAP愛”の強い中居くんだけに、5人揃っての最後の歌唱に、込み上げるものを抑えることができなかったんでしょう」

    収録が終わるとメンバー5人と数人のスタッフが順番に記念撮影に臨んだ。

    ※女性セブン2016年12月22日号

    (▼続きは以下のURLでご覧下さい)

    NEWS ポストセブン
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00000011-pseven-ent
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00000011-pseven-ent&p=2

    【【SMAP解散】最後の歌収録…中居正広は嗚咽ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ