みいはあ族報

みいはあ族にミーハーな情報をお届け

    タグ:美人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「“修造さん、がんばりましたね”って言われるんですけど、ぼくは何もがんばってなくて、がんばったのは娘です。父親としては、娘がやりたいことをどこまで貫くか楽しみにしたい」

    あの“日本一熱い男”松岡修造(49才)なので「やったぞー!」と飛び跳ねながら大喜びするかと思いきや、意外にも冷静な、愛娘への祝福の言葉だった。

    3月30日、受験者数1042人、倍率26.1倍という狭き門をくぐり抜けた宝塚音楽学校第105期の合格者40名が発表された。
    その中で一際注目を集めたのが、松岡と元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さん(51才)夫妻の長女・恵さん(17才)だった。

    「身長169cmのスラリとした体形に、ご両親に似て整った顔立ちとシャープな目元にファンからの期待もすでに膨らんでいます。
    がっちり固めたリーゼント姿で合格発表にきたことから男役志望ということは伝わってきますが、上品で美しい容姿に“彼女の娘役を見たい”という声も聞こえてくるほどです。
    宝塚の受験は2度、3度と挑戦するのが当たり前の世界ですが、恵さんは一発合格でした」(宝塚関係者)

    松岡家と宝塚の関係は深い。
    そもそも、松岡の曾祖父・小林一三は阪急グループの創始者で、宝塚歌劇団の創設者だ。
    父親は映画会社・東宝(“東京宝塚”の略)の名誉会長で、母親は宝塚第44期の千波静。
    しかも、千波の姉・淳と妹・薫も元タカラジェンヌで、かつて花組トップスターだった蘭寿とむ(41才)は薫の息子の妻。
    さらに薫の娘・千波ゆう(現・田中里衣・45才)も宝塚出身。
    恵さんは“華麗なる一族”のサラブレッドなのだ。
    家族一丸となって受験に臨むケースは多い。

    「トップ娘役として活躍した黒木瞳(56才)さんは、長女を宝塚に入れるために幼少からバレエ教室に通わせていました。
    何度か受験したとも聞きますが、受験資格の年齢的にラストイヤーだった今回の合格者に名前はありませんでした。無念だったでしょうね」(別の宝塚関係者)

    https://www.news-postseven.com/archives/20170406_507903.html

    no title

    【【宝塚歌劇団】松岡修造の長女は合格、黒木瞳の長女は?ってよwwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「放送事故?」「あの美脚がなぜ?」とネットで騒がれているのが長澤まさみ(29)のCM。
    スポーツメーカー・アンダーアーマーのCM動画に出演する長澤の走る姿がダサすぎると話題になっているのだ。

    渋谷の直営店の上にある大きなビジョンに映されるスーパーボディーの長澤まさみ。
    シューズを履き、いざランニング、とそこまでは良かったが、走ったらバッタバタ。
    「運動神経の悪い走り姿は衝撃的!」「Fカップと美脚に目がいかなくなるほどのダサさ」と残念コメントが。

    「走る姿を少なくしたり、後ろ姿で見せるなどして編集でかなり工夫したと聞いています」(広告関係者)

    舞台「キャバレー」でのダンスや歌の評価は上々だったが、走るのは苦手のようだ。
    主演映画「タッチ」(05年)では巨乳を揺らしながら坂道をダッシュする姿が印象的だったが、当時よりさらに胸が大きくなって走りにくくなったのだろうか。

    n

    とはいえ、長澤のインスタは、常に「キレイ!」の声しきり。
    少しくらい弱点があっても長澤の魅力は不変だから、大丈夫か。

    日刊ゲンダイDIGITAL
    http://news.livedoor.com/article/detail/12893705/

    動画 CM アンダーアーマー「I WILL. 私の意志 長澤まさみ
    https://www.youtube.com/watch?v=RZ9jR4_Se3w


    【【検証画像】長澤まさみの走る姿が「ダサすぎる」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
    〈「仕事で疲れている時にこの人に癒やしてほしい」と思うお姉さん女優 TOP10〉

    (1~3位を回答。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

    1位 井川 遥 164pt
    2位 石田ゆり子 121pt
    3位 木村佳乃 112pt
    4位 吉瀬美智子 91pt
    5位 松嶋菜々子 78pt
    6位 篠原涼子 72pt
    7位 深津絵里 61pt
    8位 檀れい 59pt
    9位 大塚寧々 54pt
    10位 米倉涼子 49pt

    ●1位 井川 遥 164pt
    「ハイボール飲みながら癒されたい」(36歳)

    5


    ●2位 石田ゆり子 121pt
    「綺麗で優しそう。愚痴がなさそう」(38歳)

    ●3位 木村佳乃 112pt
    「美人なのに面白いから、辛いことも吹き飛ばしてくれそう」(24歳)

    ●4位 吉瀬美智子 91pt
    「サバサバしてるが、とても優しい口調なところが素敵」(33歳)

    ●5位 松嶋菜々子 78pt
    「優しく包み込んでくれそう」(39歳)

    https://r25.jp/entertainment/00056254/

    【【男が選ぶ】「疲れた時、癒やされたいover40女優」 1位 井川 遥 2位 石田ゆり子 3位 木村佳乃ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今月末付でフジテレビを退社し、フリーへ転身する武田祐子アナ(46)。
    41歳で出産した第1子の小学校入学を来年に控え、子育て奮闘中の現役ママだけに拘束時間の長い会社員よりフリーランスに舵を切ったということなのだろう。

    しかも、「アナウンススキルには昔から定評がある。ウチでも引き続き2番組のナレーションを担当するし、他局からのオファーもあるんじゃないか」(フジ関係者)。
    同期入社の木佐彩子(45)がアイドル路線で売り出されるその裏で、地道にコツコツと技術を磨いてきた結果なのだろう。

    フジテレビといえば80年代の“ひょうきんアナ”に始まり、多種多様な人材を受け入れてきたが、残念ながらそれも過去の話。
    現在、局内にはアナウンサーの採用基準を問題視する声が上がっているという。

    ■社内では「よくぞ言った」と喝采

    現場を束ねる佐藤里佳アナウンス室部長(50)がみかねてこう吠えたというのだ。

    r

    「1月の定例会議で『最近のアナウンサー採用は役員の好みで変わることが多い』などと異議申し立てをしたんです。
    局長級が一堂に介する場で直訴に至ったのだからよほど腹に据えかねたものがあったのでしょう。社内では“よくぞ言った”と喝采を浴びていました」(別のフジ関係者)

    以下略で送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/202430

    【【女子穴】フジテレビの“私情含み”採用に佐藤里佳アナウンス室部長が異議ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タクシー運転手といえば、道路という道路に精通し、移動中も豊富な話題で乗客を飽きさせない「親切かつ気さくなおじさん」。
    そんな男くさい職場にあって、ついたニックネームは「美人過ぎるタクシー運転手」だ。

    おじさんどころか、普段はモデル、女優として芸能界で活躍し、男性誌のグラビアも度々飾る。
    その美形がタクシーを操る「二足のわらじ」を履くようになったのは、どういう経緯だったのか。

    「就活でやりたいことを決められず、面接で落ちまくって『あーッ』って負のスパイラルに陥った。そんなとき、『飛鳥交通ドリームプロジェクト』のことを立ち読みの雑誌で知ったんです」

    運転手として生計を立てながら芸能界を目指す若者を、無料レッスン提供などを通じ応援するというプロジェクト。
    「学生時代から読者モデルのアルバイトをしていたのが楽しくて。いずれモデルになれるかも…」と、失敗続きの中、思い切って応募したという。

    ■転機は「グランプリ」

    思いがけず、オーディションでグランプリを受賞。
    それが転機となり、まずは、タクシー運転手になるために第二種運転免許の取得から始めた。

    「それがなかなか大変で…。講習会で周囲はほとんどおじさん。
    試験勉強で幹線道や主な建物の名前、高速道の出入り口まで暗記して、実技もみっちり…。1回試験に落ち、合格は半年がかり。もう1回やれといわれてもできない」

    収入を確保しながら、いつかチャンスをつかみたいという強い思いが、支えになった。

    ■ナンパされたり…

    実際に乗り始めると、乗って初めて分かる苦楽も。

    「タクシーを止めたお客さんが私の顔を見た瞬間に『女性だから』と乗車をやめるのは、なかなか信用してもらえないのかなと。
    他にも食事への誘いなどナンパされたり…。
    ただお年寄りや子連れの乗客からは『女性で良かった』とわざわざ言ってもらえることだってあるんです」

    女性運転手の複雑な立ち位置を物語るエピソードだが、そうでなくても現場は気苦労が絶えない。
    「渋滞につかまるとイライラし出すお客さんもいるし、道を間違えると『チッ』って言われちゃったり…」

    「でもね、わたしチビだから、運転すると大きいものを動かして、遠くへ早く動ける実感があって。それがいいんですね」。
    運転好きだからこそ日々がんばれるわけだ。

    ■夢が現実に…

    運転手として乗車するのは月に10回程度で、その他の日を芸能活動にあてる。
    テレビのバラエティー番組や映画にCM。
    雑誌グラビアの仕事も増え、すっかり芸能界の仲間入りを果たした。

    「美人過ぎるタクシー運転手」というもう一つの顔も広く知られるようになり、生田さん運転の車を見つけた漫画家の江川達也さんが乗客として乗車した。
    「わざわざ見つけて乗ってくださって。大回りしながら走っていろいろな道を教えてもらってうれしかったな」

    以降に続きます

    http://www.sankei.com/premium/news/170326/prm1703260028-n1.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【検証画像】美人過ぎるタクシー運転手・生田佳那さん(25歳) ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ